日焼け止めの重要さ

日焼け止めを毎日付けること。
私、高校生?今まで20年以上、日焼け止めは必ずつけています。
高校生頃、「日焼けは肌の大敵」と雑誌で読んだので、理由は正直理解していませんでしたが信じて続けてきました。

 

近頃、周りを見て思ったことですが、私より年下の女性が「最近、目の周りにシワが…」「シミが…」という言葉をよく口にします。
よくよく話を聞けば、「昔、日焼けをたくさんした。
気にしなかった。

 

」とか、「日焼け止めは肌につけた感じが嫌いだから、面倒だしつけない」とか言っていました。
その人は、メイクはしていたので、恐らく「肌を大切にする」という意識ではなく、「どう飾るか」が強かったのだと思います。
私からすれば、そのようなことを毎日していて「シワ?シミ」と悩んでいることが不思議です。

 

肌よりアウトドアを楽しみたいなら別ですよ。
もし、キレイな肌でいたいなら、紫外線は極力避ける方向へ日々努力するしかないと思います。
「メイクするから日焼け止めがいらない」と、いうことではなく、日焼け止めでガードし、更にベースやファンデーションでしかっりガードするのです。

 

日焼けは、5年後、10年後、確実にその人の肌状態を変化させるので、毎日つけましょう。